ジョージア州会議事堂

アメリカ合衆国のジョージア州アトランタに位置する歴史的建造物と言えば、ジョージア州会議事堂です。ジョージア州会議事堂は、アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されています。
ジョージア州政府の活動拠点でもあり、2階にはジョージア州の知事、副知事、および州務長官のオフィスがあります。3階は州議会の会議場で、4階には傍聴席とミュージアムが設置されています。

ジョージア州会議事堂は、ルネサンス建築様式の合衆国議会議事堂にから影響を受けて創られました。
設計を行ったのは、イリノイ州シカゴの建築家ウィロビー・エドブルックとフランクリン・バーナムです。

4階のミュージアムは、1889年に議事堂内に設置されました。それ以降、ジョージア州の自然や文化的歴史に関する史料を広く収集しています。史料というのは、アメリカ先住民族の工芸品、動物、岩石や鉱物、化石などです。

ジョージア州会議事堂の寸法
・南北間の最大幅
105.99メートル
・建物の高さ
83.02メートル
・2階の大広間の天井の高さ
57.10メートル
・ドームの直径
22.86メートル